Graphic Design Museum

まさに「目新しい」展示

グラフィック・デザイン美術館は同館のオープンに向けてこれまでにないインタラクティブな展示を考えました。
そして、子どもたちがグラフィックを使って作品を作ることができる展示がどんな展示よりも良いと考えたのです。この展示では、子どもたちが磁石の形、文字、数字などを使って作品を作ります。

概念と製作

あるデザイン事務所が、MagneetVerf で様々なテストをして(この塗料こそが捜し求めていたものだという結果を得たため)最初のプロジェクト構想を作成しました。

そして、磁性箔から様々な色の形や文字を作ることと壁への塗料塗布という注文が当社にあり、早速、塗装工が美術館の壁3面をMgneetVerf を使って2層塗装をしました。
また、同時に掲示板も9枚塗装しました。

このデザイン事務所はMagneetVVerf の色そのものをとても気に入ったため、MagneetVerf だけの塗装で上塗りをすることはありませんでしたが、掲示板だけに関しては、白のラテックス塗料で上塗り塗装で仕上げました。

この美術館のプロジェクトについてはビデオをご覧ください。

残念ながら、ビデオのスチールが上に表示されているので、表示されている写真の画質はあまりよくありません